衣ふくしま潮目-SIOME-

ふくしま潮目-SIOME- イメージ1

オーガニックコットンの優しい手触り

  • ふくしま潮目-SIOME- イメージ1

食ふくしま潮目-SIOME-

オーガニックコットンTシャツ、てぬぐい、タオル

福島いわきで復興と地域作りに取り組んできた企業組合「いわきおてんとSUN」が取り組んできた「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」が、2017年、地域コミュニティの再生を目指す持続可能なビジネスとして発展的に生まれ変わったのが「ふくしま潮目」です。
東日本大震災の津波によってひきおこされた農地の塩害は、深刻なものでした。農作物を作れなくなった農家のコミュニティ再生も重要課題となりました。そこで取り組まれたのが塩害に強い綿花栽培。平安時代から伝わる在来種「備中茶綿」を有機栽培で育て、収穫し、製品化、販売までのすべてを「ふくしま潮目」で行っています。
現在、多くの綿製品は、遺伝子組み換えの種子から作られたもの。さらに化学肥料、除草剤、落葉剤など、大量の農薬が使われています。
「潮目」の意味は、『親潮と黒潮がぶつかる、福島の豊かな海としての潮目』『コットンを通して、人と人が繋がる、出会いとしての潮目』『今までの社会の在り方を考え直す、時代の転換期としての潮目』の3つの意味があるとホームページに記載されています。
オーガニックコットン作りがどれほど大変でもこだわる理由は、震災後、新しい社会を作りあげるぞという「ふくしま潮目」の心意気!
このオーガニックコットンの優しい手触りを知ると普通のコットン製品との違いにびっくりします。

1 素敵 「ふくしま潮目-SIOME-」オンラインストアはこちら外部リンクアイコン
商品名 ふくしま潮目-SIOME-
販売者名 いわきおてんとSUN企業組合
http://www.iwaki-otentosun.jp/
地名 福島県いわき市
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE